DVB-Tツール

DVB-Tツールは、PiCockpitの最初の機能として提供されました。

ドイツでは、DVB-Tの代わりにDVB-T2が使われているが、出荷されるLinuxの定義ファイルは(少なくとも当時は)古いDVB-Tの定義しかサポートしていなかった。

この問題を解決することが、実はPiCockpitの始まりだったのです。 詳しくはこちらのbuyzero.de Blogをご覧ください。ということです。

特にこの機能に対する需要が少ないため、PiCockpitでは廃止されましたが、aa-All.txtはこちらからダウンロードできます。

PiCockpit DVB-Tツールのスクリーンショット