Quo vadis, Raspberry Pi?エベン・アプトンの2022年インタビューまとめ

エベン・アップトン 2022年インタビューまとめ

2022年は、Raspberry Piが誕生して10年目を迎える特別な年です。

この年も、歴史の中で最も珍しい年であることに変わりはない。今欲しいと思っても、公定価格では買えない ケンブリッジに行かない限り.

Raspberry Pi Ltd.のCEOであるEben Uptonが行ったメディアのインタビューを漁った。

以下は、そのポイントです。

Raspberry Piの歴史を記録した10周年記念ビデオを公開、CEOのEben Uptonがナレーションを担当しています。

2023年のサプライチェーンの課題について

"1年後には、願わくばRaspberry PiがCOVID-19のパンデミックの余韻から回復していると思うのですが..."

「2020年後半から2021年前半に始まるはずのサプライチェーンの混乱期を、我々は今、生きているのです。

「残念ながら、Raspberry Pisを消費者に供給する能力に不釣り合いな影響を及ぼしています。ですから、願わくば1年後には......今後12ヶ月の間に何か1つ達成できるとしたら、それはこの状況を是正することでしょう。"

出典 エベン・アプトンのマイクロセンター・インタビュー

"課題は常にある。今年はボリュームダウンします。2020年には700万台のRaspberry Pisを販売しましたが、これは奇妙な年でしたが、明らかに制約のない年でした。昨年はチップ供給の制約を受け、800万台か900万台、あるいは9台か10台は売れると思われる環境の中で、再び700万台を販売しました。今年は減少するでしょう。700万枚を下回ることになるでしょう。

"需要が非常に明確に増えているにもかかわらず、供給能力が低下しているビジネスがありますね。それは我々にとって非常に痛いことだ。"

出典 ケンブリッジ・テック・ポッドキャスト (2022年11月20日)

産業界のお客様を第一に

「需要側では、産業界のお客様を優先する傾向があります。彼らは、私たちのプラットフォームに投資してくれている人たちですから。

"産業界のお客様 "と言っても、多国籍企業のことではなく、50台のRaspberry Pisを欲しがって倒産するような零細企業もあり得るのです」。

「私たちは、産業界のお客様、つまり小規模な産業界のお客様を優先する傾向がありました。私たちは自分たちを趣味に特化したビジネスだと考えているので、それは苦痛です。"

出典 ケンブリッジ・テック・ポッドキャスト (2022年11月20日)

将来のRaspberry Pisで予想される変化

"おそらく5年から10年の時間軸で処理能力の性能向上が続くと予想されます。デバイスの処理能力の増加をある程度掲示できるようにする必要があります。"

「新しいグラフィックス規格、新しいビデオ規格など、常に新しい規格が存在します。機械学習であれ、画像処理であれ、人々が必要とする新しい機能があるのです。機械学習であれ、画像処理であれ。だから、常に新しいことができるのです。Raspberry Piが根本的に違うものに見えるようになることはないと思います。

「Raspberry Piには3つのフォームファクターがあり、ディープエンベデッド用のCompute Moduleフォームファクターがあります。そして、最も販売量の多いクラシックなシングルボードコンピュータと、Pi 400フォームファクタです。

"純粋に "産業用コンピュートモジュール純粋にコンシューマー向け:100シリーズ製品。そして、その中間に位置し、両方の市場に販売するシングルボードコンピュータ。"

出典 エベン・アプトンのマイクロセンター・インタビュー

2年経った今、エベンはPi 400をどう見ているのでしょうか。

"このまま円周率400台が続くといいのですが......本当に驚きました。これは私たちにとって本当の驚きです つまり 2020年の初期に私たちを苦しめた 楽観主義のようなものの尺度なのです"

"家庭で勉強するために家に帰らされても、本格的なコンピューター機能を持たない英国の恵まれない若者たちの手に、Raspberry Piコンピューターを届けるために、慈善事業として膨大な資金を投入しました。

"Raspberry Pi 400は2020年の11月に発売されましたが、4月に、やれやれ、この子たちにはRaspberry Pi 4を出荷しているのに、やれやれ、この子たちにはPi 400が必要なのか、と思ったことを覚えています。"

「Pi400は、そのような用途で価値があることが証明されたので、100シリーズを続けていけると期待しています」。

"フォームファクターとして、本当に大きく進化していくとは思えないのですが。"

出典 エベン・アプトンのマイクロセンター・インタビュー

RP2040

「シリコンから製品を作る会社から、シリコンから製品を作り、そのシリコンをサードパーティに販売する会社になったので、Picoシリーズが続くことを期待しています。

「他の半導体の不足もあって、RP2040をベースにしたサードパーティボードの爆発的な普及が見られました。このようなエコシステムが発展することを期待しています。

出典 エベン・アプトンのマイクロセンター・インタビュー

ケンブリッジのオフィシャルストアとポップアップショップについて

ラズベリーパイポップアップストアロンドン
2022年10月、ロンドンでポップアップストアを開催。

"お店 "を持つことは、いろいろな意味でいいことだと思います。もちろん、ビジネスとして成立する。お金を稼ぐことができる。ジャーナリストを案内できる物理的な環境があるのはいいことだ。ただのキュービクルファームよりも、もっと面白いビジネスの現場を持つことができるはずです。

「私たちのような技術的に洗練されたユーザーを多く抱える企業にとっては、ユーザーと出会うための環境です。また、Raspberry Piの提案に納得していないお客様を引きつけることもできます。

"聞いたことがある、なんとなくイメージがある、でも飛びつく前に誰かに聞いてみたい "という人たちです。

"お金を稼ぐ "ということを除けば、その目標はすべてクリアしている。しかし、絶望しているわけでもない。でも、絶望しているわけでもありません。今年は、特にポップアップの収益性が高いので、黒字になると思います」。

出典 ケンブリッジ・テック・ポッドキャスト (2022年11月20日)

Raspberry Piの今後の成長

"私たちは採用する人に超厳格です。賢い人、悪い人でない人しか採用しません。"

"私たちは、研究開発への資金提供であれ、バランスシートの変更への資金提供であれ、将来の事業成長に向けた資金調達方法に常に関心を持っています" と述べています。

「私たちは当初、ライセンスビジネスを行っていました。当初はライセンシーのウェブサイトをクラッシュさせました(同時にピスを購入したい人が多すぎたため)。私たちは、もっとダイレクトなビジネスをしています。製品を作って、マージンを取って売るのです。"

「資金調達のために、いろいろな選択肢を検討した。もちろん、公募市場もその1つです。今のところ、公開市場はフレンドリーな場所ではないので、これは考えるべきことのリストのトップには入っていませんが、決して絶対とは言いません"

出典 ケンブリッジ・テック・ポッドキャスト (2022年11月20日)

アフリカ市場向けにケニアで作られたRaspberry Pi Pico

ケニアのナイロビにて、エベン・アプトン。写真提供 Raspberry Pi

エベン・アプトン はこのブログ記事で書いています。 Raspberry Pi Picosがケニアのナイロビで作られることになったこと。とのこと。

「そこで見つけたのは、最先端の表面実装組立ラインで、原理的にはほぼすべてのRaspberry Pi製品の製造に利用できます。まずは、最も小さく、シンプルで、低価格なPicoからスタートしますが、Pico WやZero 2 Wなど、順次、他の製品も追加していきたいと考えています。

「ウェールズへの生産移管と同様に、私たちが深く関心を寄せる国の電子機器製造を支援したいという思いと、私利私欲が一致したのです。ケニアに完成品ではなく部品を持ち込むことで、輸入関税を低く抑え、政府の優遇措置を受けることができます。また、部品を現地に備蓄することで、東アフリカで急増する当社製品の需要に迅速に対応できるようになります。"

出典 Raspberry Piブログ

Zero 2 WのRAMを増設?

"RAMの増設は、将来のZero 2Wの後継機のオプションとしてぜひとも実現したいところですが、それはまだ先の話です。"

出典 エベン・アプトンのコメント

eMMCを搭載したSBC?

"eMMCを搭載したRaspberry Pi SBCは、よくある要望です。現在の製品に制約がない状況であれば、今作っていると言っていいと思いますし、2023年の後半には、このアイデアに戻ってくる可能性があります。"

出典 エベン・アプトンのコメント


エベン・アップトンも受賞しました。 国立コンピューター博物館から名誉フェローシップを受ける.National Museum of Computingの名誉フェローシップは、「コンピューティングの歴史と継続的な発展に対する優れた貢献」を表彰するものです。

コメントを残す